いきなり子宮をいじるな

いきなり子宮をいじるな

いきなり子宮をいじるな

中野です

 

あなたに気を付けてもらいたい事があります。

子宮をいきなり、いじってはいけない。

 

いや、最初に触って(チェックして)いいのだが、子宮を緩めてはいけない。

 

大事なのは。相手の気づきだからだ。

 

子宮を緩めるなんて簡単なこと、

でも原因を突き止めることが大事。

 

子宮が緩む瞬間を確かめてみてください。

 

やることはいたってシンプルです。

多いパターンを上げると、

・カーフ(ふくらはぎ)のポンプ → この時期多い

・肝臓下垂

・矢上縫合

・腎臓下垂

です。

 

それぞれ、やってみてその都度子宮をチェックしてください。

 

・カーフポンプなら → ふくらはぎのケア

・肝臓下垂なら → 食事指導または、肝臓てあて

・矢上縫合なら → 副腎メジャーが多いので、咬筋リリースや横隔膜リリース

・腎臓下垂なら → 水分・ミネラル調整や栄養指導

等々

 

自分でできる範囲でのセルフケアを伝えてあげてください。

 

そして、次回来た時に緩んでいれば次の段階にすすめます。

 

なにより、相手が目標に向けたプロセスを歩んでいるという実感が大事です。

 

 

最近新規で来る方の悩みの多くが。

「薬や、サプリをドンドン追加されるが、結果が出ない」という悩みだ。

これを掘り下げると、結局妊娠という1か0という結果だけに毎日ドキドキしているのだ。

 

 

アプローチには、個別性と目標に向けた小さなステップを自分で踏ませることだ。

 

これができる信頼関係的なメリットは、

多くの治療家が「不妊症の方が来ても3か月位で気まずくなる」というのが余裕で解消される点です。

 

明日から是非やってみてください。

 

 

中野

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。