子供への施術・対応①(環境づくり)

子供への施術・対応①(環境づくり)

子供への施術・対応①(環境づくり)

中野です

しばらく、少し子供の治療について書きます、

僕の治療院には、小児のアトピーや食物アレルギーの子がきます。
赤ちゃんから2歳くらいまでの子が多いです。

子供への対応はズバリ環境づくりです。

①腸内環境 (同化・排泄・免疫)

②成長できる環境

です。

①と②に

共通することは「適応」です。

体内環境と外部環境へ適応できる力が「免疫」や「成長」になります。

 

なので、この

①内部環境への適応 ⇒免疫

②外部環境への適応⇒成長

 

に対するアプローチを行います。

 

免疫については、大人と同じです。

まずは排泄です。

便秘やウンチの色(黒や緑の子が多い)を改善できるようにします。

あとは大事なポイントは、免疫・適応能力というと頭と副腎です。

頭については、胎児のときの母親の体内環境の影響をとるように施術します。

あとは、腸内環境も含め免疫はどれだけ成長を促せるかだと思います。

 

その第一歩として超大事なことは、

①可愛がること

②ほめること

です。

子供は「可愛いね!」「すごい!」という言葉をうけて成長します。

 

一緒に遊ぶことも大事ですが、まずこの2つの言葉を乳児であってもかけてください。

 

特に、この2つの言葉は、

まわりの人だけでなく、母親からもかけられていない子が多いです。

それは、母親さえも目の前のことでいっぱいだからです。

子供の成長を喜んだりほめる以前に、「掻いちゃダメ!」と手を縛られている子もいます。

 

そいういったかたに「ダメですよ」という前に、

こっち側が子供に向き合う姿勢を見せ、

子供の才能を見つけてあげてください。

「この子、こんなことできるの?」

 

ってことよくありますよ。

 

そういう気づきから、

子育ての楽しみ ⇒成長⇒適応能力UP⇒内臓・脳の発達

につなげることが最も大事です。

 

「かわい い!」「すごい!」という言葉を、

親ではなく、子供に伝えてください。

 

次回は、子供の対応のコツをおお話します。

 

中野

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。