日本妊活協会の会員制について

こんにちは。
日本妊活協会代表の中野です。

このベージをご覧の方は、導入コースまたは深化コースを卒業された方々ですね。

まずは、卒業おめでとうございます。
4ヶ月間、または8カ月間でどれだけ目標や自分のビジョンに近づいたでしょうか?

多くの方が、「程遠い」と感じていると思います。
僕もそう思います。

なぜなら、
日本妊活協会の活動は、「妊娠」という目標にとどまらず、「社会問題」に切り込んでいく活動になると、
講座や僕等と接する事を通してあなた自身が感じたからだと思います。

なかなか程遠いですよね。

これから、会員についての話をしていきます。
「どんな内容を提供してくれる?」
「いくら?」
という事が気になると思いますが、まずは以下の話を一つ一つ読んでいって頂けたらと思います。

協会が考える妊娠サポートの目的はこれです

不妊の問題は、「妊娠できない」という問題で終わりません。
不妊に悩んでおられた方に関わらず、今日本では「授かりたい」という気持ちで子供を授かり、
産後に「こんなはずではなかった」という思いを抱える人が増えています。
子育てに適応できないんですね。

これは、
「父親や母親としての在り方」
「男性や女性としての在り方」
「日本人としての在り方」
「食の在り方」
無しに親になってしまう所に大きな問題があります。
僕等自身がそういう世の中に育ってきたので、本人の善悪より社会の問題ですね。

それを社会のせいにしないという事が本当は大事なのですが・・・

現在日本では、「個人を守る」という法律や風習が強くなっている様に見えて、実は個人を尊重しないという世の中に向かっています。
非常に不自由な世の中ですね。
それでは、在り方も何も育たない世の中ですよね。

そんな時代の中、
僕達の治療院での仕事は、
クライアントと一緒に妊活という「命」と「家族の未来」に真剣に関われるこの機会を「大事に育てる事」だと思っています。

そうやって、相手の人生に関わっていくんです。
妊活を通じて、一旦止まって過去や今そしてこれからの「在り方」を気付いたり見つけていく機会です。

なかなかそんな機会ないですよね。
自己啓発のセミナーや、僕等みたいな人間と一緒の時間を過ごさない限り。

僕等はクライアントから非常に貴重な機会に踏み込ませてもらってるんですね。
そして、それを通して、僕らが価値を提供する事によって僕ら自身も豊かになります。

さらには、協会に関わる皆さんやクライアントを含めた応援して下さる方々のエネルギーを受けて、
社会に影響力を与えていけるはずです。

代表中野の経験から生まれてきた社会貢献とは

僕は、子供が4人いますが元々は子供を授かりたいと思っていませんでした。
理由は、希望の無い世の中に産んでは可哀そうだと思っていたからです。

当時は自分自身の心が病んでいたというか、自分の人生にも諦めていたせいもありますが。

今は自分達で子供達によい未来を残す、その後は立派な今の子供達が自分達の責任で何とかできるって思っています。

みなさんがセラピストとしてどのような意識で治療院を経営してきたにせよ、
妊活協会に触れる事で、家庭・治療院内・地域・日本・世界へ僕らのやってる事を伝えていかないといけないという意識になったと思います。

ただそれを、顔をしかめてやっていても世の中はついてきませんし、子供達も感化されません。

大人たちが、仕事、人間関係、食文化を心から楽しんで、
輝いていないと人の心は動かしていけないんですね。

日本妊活協会では会員の方みんなが協力して、
①仕事を充実させる(経済・やりがい)
②社会から応援される(情報発信・イベント・活動の認知)
③人間関係を楽しむ(一つの目標に向かうコミュニティー・レク)
を会員一人一人が源となって行うようになったら、
子供達の良い未来に、足跡が残せると信じています。

受講生と会員の一番の違いは、「受」の姿勢は受講生で終わりということです。
今後は、自ら創り出す行動をとっていくことを協会も求めていきます。

協会が会員の為にコツコツ作ってきた環境を受け取ってください

ただ、基本的なレールは敷きますし、教育もしていきます。
なぜなら、まだまだ妊娠率、そして再現性といった部分で受講生や卒業生の方が学び足りない分部があるからです。

そこが埋まらずに「社会貢献!」というのは中々考えずらいと思いますし、
経済や仕事面での不安や不足感が強いと、真の意味での社会貢献はできません。

必要なら、必要な人を呼んでみんなで学びを深めたりもします。
そこは安心してください。
そして、
導入コース、深化コース共に常にアップグレードしていますので再受講でもかなり気づきや学びが多くなっています。

また、皆さんと地域の方を繋げるために僕らは、一般の方達へのアプローチをコツコツやってきました。
サイト(ブログ)、youtube動画・ラジオでの質問回答・ライン@・妊活イベントでの接触。

2017年9月1日現在の時点で、
一般の方のライン@登録が475名を超えました。
そこから、質問・子宝整体師の紹介依頼も毎週来るようになりました。
0スタートから見ると凄い数字ですが、まだまだ影響力を出せる数字ではありません。

これからは、皆さんも源となって一緒に取り組んでもらえたら嬉しいです。

妊活協会との関りは、
コースを卒業してからが本番です。

冒頭にお伝えした通り、導入、深化コースを卒業した後、
なかなかビジョンに向かうのは大変だと思っている方もいるでしょう。

その思いは僕も同じです。

大変ですよ。それは。

でも、大人の責任ですから。
楽しんでやりましょう。

もし会員になるのなら、受け身のままではいられないと思います。
そういう会員制を一緒に作ってください。

会員制の目的について

以上の思いを含めが、会員制の目的はこちらです。

子宝整体を学んだセラピストに対して、

1.不妊症の病態や悩み、取り巻く環境の変化に対して適応し続けられ るように妊活サポートを一緒に深化させる
2.会員の成長度合いや悩みに応じた、サポート内容を選択できるようにする
3.会員が得意分で(技術・食育・フィットネス・情報発信・セミナー講師)活動し成長できる環境を作る
4.同じ目的や理念を持つ団体や他職種との接触を作る
5.一般の方地域と会員を繋げる

このようなコミュニティーを作り会員の、
①仕事を充実させる(経済・やりがい)
②社会から応援される(情報発信・イベント・活動の認知)
③人間関係を楽しむ(一つの目標に向かうコミュニティー・レク)
状態を作り社会に影響を出せるようになる。

会員制の提供内容について

会員に登録して頂くと、以上の目的の為にこのような環境を提供します。

1.定期勉強会の参加権(勉強会は受講生・会員限定)
2.特別講座への優待(30%引き)
3.FBグループ参加(今後受講生・会員限定)
4.妊活サポート希望のクラインとの優先紹介
5.日本妊活協会サイトへの掲載(会員限定)
6.導入・深化コースの再受講の特別価格(一日2.5万円➡1万円)
7.協会のサプリメントの割引・販売ロイヤルティー(15%、35%)
8.協会活動への参加(導入・深化トレーニー、一般講座、情報発信等)
9.協会員を名乗っての活動の許可

1.定期勉強会の参加権(勉強会は受講生・会員限定)

  毎月1~2回の勉強会です。
・復習会:主に講座で行った手技や検査を臨床でさらに生かせるようにする目的の勉強会です
 ⇒現在定期的に東京と大阪で開催されています。
  *会場費として一人3000円で受講可能です
 
・アップグレード勉強会:講座で事を臨床でより高いレベルで生かしたり、クライアントへ
 提供できるようになるための勉強会です。
  ⇒クラニアル基礎講座、内臓の触り方、繊細で再現性のある検査法、
   栄養と初診の見立て、ファスティングのクライアントへの説明の仕方、集客勉強会
 といった内容を検討中です。 
  ⇒金額は内容により5千円~1万5千円程度

勉強会は、会員の方が手技や栄養、集客等の悩みや伸ばしたいところを自ら学び成長する場を
提供します。

会員の方からも要望をお待ちしています。
 また、会員の方で得意分野をお持ちの方は是非勉強会を利用してアウトプットしてください。

2.特別講座への優待(30%引き)

特別講座とは、勉強会より一歩踏み込んだ内容や丸1日以上の講座や塾形式でコミュニティーを
作って行うものです。
 ・女性専門サロン集中プログラム 
 (手技・栄養・セルフケア・経営)
  担当:小林亜弓
   ・オンライン集客塾
     担当:大坪・青野・遠藤
を現在検討しています。

3.FBグループ参加(今後受講生・会員限定)

FBグループも会員限定にします。FBグループでは、日々臨床で出る質問だけでなく、
診たことが無い症例が来院した場合、生殖医療のサポートをしていて出てきた不安、
基礎体温のシェアとフィードバック等を積極的にみなさんでやっていきましょう。

また、協会が凄い勢いで進んでいる社会との関りの進捗のシェア、
また会員自身が主催するイベントの紹介(シェアの強要・妊活に関係無いものは基本不可)
等を行い、活発で価値のあるグループにしていきましょう。

4.妊活サポート希望のクライアントの優先紹介

協会のツール(妊活ライフ読者、ライン@登録者、サプリメント購入者)から子宝整体師の依頼が来た場合に、
 ①実績(妊活サポートや妊娠実績)
 ②協会の活動(FBやイベント参加)
 ③卒業コース(導入、深化)
 ④治療院の地域
を考慮した上で、クライアントとお繋ぎします。

①②を重視しています。理由は、クライアントは協会へのコンテンツ利用を入り口に来ています。
つまり、協会と信頼関係を構築してきた大切な方です。

まず、人間性や実績を重視して紹介するべきと考えています。

*2017年9月1日現在、ライン@登録者が475件。子宝整体師紹介依頼は、週に一件程度です。
活発な紹介のやり取りにはもう少々時間がかかると思われますが、依頼が来た場合に備え、
日々臨床や啓蒙活動に取り組んでください。

5.日本妊活協会サイトへの掲載(会員限定)

現在、医師や他の整体師からも紹介依頼を頂いています。
このような場合にも、協会のサイトから紹介がしやすいようにサイトへ会員の情報掲載をします。

また、会員のご知り合いの他職種の方や一般の方に、協会の活動を理解していただく紹介サイトとしても利用して頂けます。

このサイトでは、卒業生の一覧や条件によって院情報等も地域別に掲載します。

☆導入コース卒会員:一覧(地域・名前・院名表示)
☆深化コース卒会員:紹介(地域・名前・写真・30文字程度の紹介文・HPリンク)

を掲載します。

*申し込みから2週間程度で反映
*協会サイト http://ninkatsu.or.jp/

6.導入・深化コースの再受講の特別価格

今現在マスターとして、活動されている方の多くも導入コースの再受講をしています。
ちなみに、講師は何度も同じ内容を人前で伝えています。
人前で伝える為に、毎日ホワイトボードで伝える練習をしたり、動画を取ってみたり。

さらには、
一つの内容を数倍に膨らませて質問に備えたり。
一般の方の前で伝えるために内容をシンプルにしてかみ砕いて伝えたり。

そうやって、同じことを違う場面、違う課題を持った状態で伝える事で講師たちは、
毎回大きく成長しています。

成果を出す人の特徴があります。

沢山学び、シンプルな事を深めて、軸を持っている人です。
言葉一つ、技術一つを深めて磨いていく人です。

特に妊活サポートは知識や技術以上に、根本的な人としての軸が問われます。

不安や迷いといったちょっとした隙があるとクライアントが離れたり、
クライアントと一緒に落ち込んだりしてしまいます。

再受講というと「復習でしょ」と思う方も多いと思いますが、
僕は新しい事を教わる講座と同等に再受講をお勧めします。

できる事なら、サポートメンバーに入り、さらにできる事なら5分でもいいので
受講生の前で話す機会を得てください。

もちろん、講座中は受講生にとって貴重な時間ですからそれなりの話はしてもらいます。
そんなチャレンジも応援しています。

そして講師も目指してもらいたいです。
講座という場で講師以上に成長する人はいません。

臨床での葛藤 × 再受講数

これは間違いなく臨床結果と比例することでしょう。

基本的に再受講は、一日2.5万円ですが、
会員は導入、深化コース共に一日1万円で受講できます。

一年はあっとゆう間に過ぎてしまいます。
一年を振り返り大きく成長したと思えるように、是非月一回再受講に時間を使ってください。

7.協会のサプリメントの割引・販売ロイヤルティー(15%、35%)

妊活をされている方の多くがサプリメントを摂取しています。
妊活協会で重視ているのは「健康的な妊娠」と「教育」です。

妊活中はサプリメントを沢山摂取して栄養をとっているものの、
出産後は料理を殆どしないという方も少なからずいらっしゃいます。

出産後に、食の汚染や食文化を意識して食卓を気づいていく方はほとんどいないでしょう。

妊活協会のサプリメントは、細胞環境を考えた処方になっています。
その処方は、体質改善や妊娠という成果の強いサポートになるだけではなく、
クライアントの教育も踏まえた内容になっています。

例えば、
・細胞内でのエネルギー生成
・受精のスイッチ
・受精卵の分割に必要なオートファジー機能
こういったものが妊活協会のサプリメントの処方でもあり、
その内容を日常の工夫で行うヒントを教育していくツールもあります。

サプリメントを、栄養のサポートだけでなく、クライアントの教育としても、
存分に利用してください。

サプリメントの割引やロイヤリティー、つまり代理店のシステムの多くは、
・登録条件に販売実績が必要
・在庫を抱える
・ノルマや製品購入数に応じた割引
・定期的な販売に至らない
という個人治療院には不利な条件が多いです。

妊活協会の会員の方には、この全ての負担を無くして安心して利用できるように考慮しました。

導入コース卒業の会員:15%
深化コース卒業の会員:35%

の割引販売、または通販での販売ロイヤルティーを設けました。
*ロイヤルティーの振り込みは5000円以上溜まった時点での振り込み

サプリメント紹介システムの明細はこちらをご覧ください。
http://funinseitai-pro.com/ssp.html

8.協会活動への参加(導入・深化トレーニー、一般講座、情報発信等)

妊活協会の理念である「健康な妊活を文化に」の先にある子供の世代まで「不妊ゼロ」
という目標は、会員の方の活動でしかなしえません。

会員の方は既に受講生ではありません。
あなたが源になり啓蒙をしていく立場を意識して下さい。

その覚悟を決めてからの成長は、それまでとは比べ物にならないでしょう。
そこに臨床結果、経営の成果、そして社会貢献の3つが同時についてくるでしょう。

会員の方には、
・導入コースや深化コースの受講生に対するサポートを含めたトレーニー(研修制度)
・協会主催の一般セミナーのスタッフ
・ブログや動画といった協会コンテンツへの参加

のチャレンジを応援しています。
是非参加表明をお待ちしています。

9.協会員を名乗っての活動の許可

妊活協会のコアスタッフであるマスターが協会に入って何が変わったか。
臨床の結果ややりがいの変化はもちろんですが、

「とにかく色んな人から応援されるようになった」

という事を沢山耳にします。

会員となり協会員として活動しているという事が伝わると、
クライアント、友人、そして家族、さらには社会からです。

「先生の活動、応援させてください!」
という、その追い風を使い、臨床や自身が開催するイベントに活用してください。

「日本妊活協会会員」として様々な活動をしていってください。

会費について

会費は、導入コース卒業、深化コース卒業共に

月々  12000円(税別)*クレジット決済のみ
年払い 12万円(税別) *銀行振り込み可

おわりに

妊活サポートという仕事は、あなた自身の人生経験全てが生かされる仕事です。
あなたが、葛藤したり失敗した経験もです。
あなたが、もがいたり、悩んだりして経験もです。

しかし、それが生かされるのはあなた自身が幸せである事が前提です。
会員として、
①仕事を充実させる(経済・やりがい)
②社会から応援される(情報発信・イベント・活動の認知)
③人間関係を楽しむ(一つの目標に向かうコミュニティー・レク)
状態を作り社会に影響を出せるようになってください。

この生涯をかけてやる価値のある活動を一緒にしていきましょう。