【冷えと不妊と夏の施術】


日本妊活協会理事の浅井です。
今日は不妊の方の冷えの改善@夏というテーマで書かせていただきますね!

エアコンは何℃に設定してますか?

当院に来られる方の多くが、「エアコンで手足が冷えてしまって。。。」と仰っています。
当院での最近の傾向は、体温が35℃台とかではなく、普段は36,5℃と体はそもそも冷えてはいないけれど、手足は冷たいというパターンの方が多く見受けられます。
ここ最近、本当に暑くてついエアコンをつけっぱなしになってしまいますよね!
皆さんに「エアコンは何℃ですか?」と聞くと
「25℃です。」とか「会社はめっちゃ寒くて22℃なんです。」とかなり低いみたいですね。。。
中には、「私はエアコンが嫌いだけど、主人が暑がりでつけざるを得ない。」という方も。
私は院内でエアコンを28℃に設定していますが、それでも一日中つけていると体がダルるなっちゃいます。
この記事では「夏のエアコンで体はどうなるか?」「どう対処するか。」が伝わればいいなと思いますので、参考にしてみてください。

まず「夏のエアコンで体がどうなるか?」ですが、

冷えます(笑)
と、これでは隣の家のおじさんの助言レベルですので、少し掘り下げます。
要は『汗がかけなくなる。』
これが一番問題です。
「暑いので汗はかきます。」と仰る方も実際『汗をかきにくくなっています。』
ジワーっとかくのではなく、ここで言う【汗をかく】は【玉のような汗をしっかりかく】という風に解釈してくださいね。

汗をかけない→熱がこもる→循環不良→内臓の機能低下というパターンで足も頭も体全体が重くなります。
頭痛、ほてり、肩こりなどの一般症状も汗をかけないことからの循環の問題であることがかなりあります。
続いて内臓の機能低下から冷え→末梢の血管収縮→手足が冷えますが、これは生存のための反応です。

対処方法は、

「しっかり玉のような汗をかけるようになりましょう!」ということです。
こういう過程を経て手足が冷えていますから「靴下を2枚履く」「腹巻をする」とかはその場しのぎで改善にもいたらないということですね。
一つ冬山での遭難の例を挙げてみますと、冬山で遭難し低体温になって救助された人がいますが、いくら毛布でグルグル巻きにして温めようとしたところで体温は戻りません。
どうやって体温を戻すかというと、直接胃に温かい生理食塩水を流し込むんですね。
つまり外からの要因より中からの要因の方が大きいということです。

話を戻しますと、内臓の機能低下を起こしている状態が冷えを作っていきます。
ですので、しっかり汗をかけて発散できて体液を循環させられる状態が大切なんですね。
体の指標としては頚部、胸郭、横隔膜、クラニアル。
手技としては心、腎、肝、脾。
セルフケアとしては、サウナ、半身浴、運動等で汗を出す。
食事は砂糖・カフェインカット。

文字で書くとこんな感じですが、これで汗がかけるようになりますのでOKです。
ぜひ参考にしてみてください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

日本妊活協会理事
長居あさい整骨院・あさい整体
浅井一将


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。