不妊治療で潜在意識に入った「自己否定」をぶち壊せ!


中野です

 

今日も初診の対応についてお話します。

なぜなら、初診の対応が最も大事だからです。

それは、初診で新しいスタートラインに立ってもらいたいからです。

 

 

僕の場合は問診票はとてもシンプルで、

お聞きすることもとてもシンプルです。

 

どうしてきたの?

どう感じたの?

どうしたかったの?

これからどうしたいの?

 

基本的にこの流れです。

 

本当に妊活中の方に多い悩みが、

「不妊治療から受けた恐怖」です。

 

今日いらっしゃった新規のお1方は、

・病院で一切問診を受けず診察台で子宮にエコーをされた

・その上「ちゃんと来なさい」といわれ、頑張って仕事を休んで行ったのに「こんなタイミングで来られても意味ないよ」と怒られた

・病院を変えたら基礎体温をみて排卵してないんじゃないの?

といわれピルを処方された

・さらに以前病院で「AMHが低いから妊娠厳しいかもね」と言われた

 

ここまで来ると誰でも「私は妊娠できない」

って、頭で考えなくても潜在意識に入ってしまいます。

 

なぜなら、

さんざん「あなたは妊娠できない」って言われ続けてるからです。

 

基礎体温を見ると、周期・体温ともにとても優秀で、

そのあたりをお伝えすると本当に「ほっ」としたようです。

排卵もしっかり毎周期あるので、正直薬を処方された意図がよくわかりません。

 

 

またAMHに対する正しい知識をお伝えしたら、

さらに「ほっ」としたようです。

 

そこからこの方の「伸びしろ」をお伝えしました。

ここからが、スタートですね。

 

 

もう一方は、

・長いこと不妊治療でホルモン療法を受け

・次第に薬も効かなくなってきた。

・そして人工授精も5回うまく行かず

・最終的に体外受精に挑んだが卵が分割しなかった

 

この流れはとても多いです。

何年も「心」と「体」と「卵巣」に負担をかけてから

体外受精に移行しているパターンです。

 

 

この流れだと

「体外受精=最終手段」「体外受精失敗=望みがない」

というのが潜在意識に入っています。

 

この状態だとどんなに良い情報が入ってきても、

良いイメージが抱けないので、充実した妊活生活を送れません。

 

ここでも、

良いイメージがいだけるように、

作られた常識を壊してどんどん外していきました。

 

そこで大事なのは、「伸びしろ」を伝えることです。

それは腰痛でも肩こりでも頭痛でも生理痛でも何でもいいです。

 

そこが「伸びしろ」です。

 

そこからちょっと背中を押すだけです。

 

あとは小さな成功体験を沢山していくこと、

それを誰かに自分の言葉で伝えて、一緒に喜ぶことですね。

 

妊活に限らず、

最近頑張りすぎの人が多いので、

あえて「的確で適当」を意識しています。

 

 

それを伝えるために、

僕は基本的に適当に生きていますよ。

 

 

中野

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。