子宮の歪みと不妊について

子宮の歪みと不妊について

子宮の歪みと不妊について

中野です

僕の所へ来る方の7割は不妊に悩む方です。

その多くは、病院での治療中か治療を経験した方です。

初診では、検査結果や基礎体温のデータを見せてもらうことが多いのですが、
卵管造影のレントゲン写真もボチボチみます。

その中でも、「卵管は大丈夫って言われました。ほら!」

とレントゲンを見せられると、こっちは、「ん???」ってなることが多いです。

〇〇さん、卵管は通ってますが・・・・、これ、子宮ですよ?
曲がってません?

といった具合に、子宮が傾いている方が非常に多いです。

あくまで数少ない僕の経験上ですが、ほとんどの方が左へ傾いています。

今日来た方もそうでした。

セミナーでは耳が痛くなる程お伝えしていますが、
基本的に、臓器の緊張や歪みは、

その臓器が歪みたくなくなる環境
その臓器が緊張したくなくなる環境

を作ってからアプローチした方がいいです。

子宮の場合は、直接アプローチする前に、こういった環境を作ることが特に大事です。

子宮へのアプローチをする前に、
・肝臓
・腎臓
・結腸
・頭頂骨
・側頭骨

そして、カウンセリング中
の歪みや緊張を確認してアプローチして、その都度子宮をチェックしてみて下さい。

どこかで大きく子宮が変わると思います。

その後で、子宮を「セット」(⇒「ここだよ」と教えてあげる)してみて下さい。

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。