急性問題と不妊-2 季節の循環器問題


中野です

 

 

前回は、例を挙げて急性問題、慢性問題、器質的問題を説明しました。

 

今日は、急性問題の中でも季節の問題をお話します。

 

 

ここ最近は、急に温度が下がった上、朝晩と日中の温度差がとても大きくなります。

そのため、夏場に汗をかかなくなって水分をため込んだと思ったら、日中汗をかくようになります。

 

特に最近は夏場に冷房によって以外に汗をかかない人もいる中、ここにきて大きな体温調節を求められます。

 

 

体温調節は、自律神経の影響を当然受けます。

なので、自律神経を考えると体温調節を行わなければいけない環境とういのはとても良いことです。

 

一方、体温を調整するために水分調整をしますので、体温調節が苦手な現代人は循環器がかなり疲労します。

 

 

ここ最近の横隔膜の緊張は心臓問題の影響が多いです。

当然、循環器 ⇒ 腎臓 ⇒ 大腰筋 ⇒ 横隔膜

という影響もありますが、心臓が一番横隔膜との接触が大きいので要チェックです。

 

 

また、循環器が疲労してくると水分調整の補正は脾臓にも影響します。

 

なので、今のうちに脾臓の急性問題をとっておかないと冬場に風邪を引きやすくなります。

 

 

なので、今日着た方をチェックしてみてくださいね。

 

次回は、この季節のもう一つの大きな問題についてお話します。

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。