治療家という仕事を愛せ


中野です

 

今週は講座や、今日から研修のため治療院は2日営業でした。

2日間で、

アトピーサポート6名、妊活サポート21名、ガンサポート1名

の方に向き合いました。

 

 

ガンの方は、

10年間不妊に悩み、ウチに来て出産されたかたのお父さんです。

3か月前に来たときは、お母さんはお父さんにイライラしていました。

 

 

「こっちは体を気遣ってるのにせっかく作った体に良いものを食べない。

運動した方がいいのに動かない。イライラする。」

という夫婦環境を見かねて娘さんから依頼を受けました。

 

 

ガン細胞は実はかなり弱い細胞です。

代謝が発揮できる環境と、ONになってしまった細胞増殖のスイッチをOFFに

することを心がければ大して難しものではありません。

 

 

増殖スイッチのONとOFFはみなさんも得意な自律神経のバランスです。

 

 

ここに関してはストレスですよね。

ポイントは、

 

「がん細胞は実は弱い細胞である」

という概念を頭に入れてもらうことと、

 

「生活をとにかく楽しむこと」

ですね。

 

 

この方は、毎回3世代で来院してくれるのですが、

 

今では、お母さんの作ったものを食べ、

常に万歩計を付けて娘さんと競い合ってる。

と娘さんとお孫さんの前で自慢げに言っていました。

 

 

本当に昨日のお父さんの笑顔は良かったな~

そしてガンの数値も下がっています。当然ですよね。

 

 

妊活で来院されたご夫婦で来た方は、

施術をしながら旦那さんと「性欲の強さ自慢」をし合いをしました。

奥さんも「先生からヤ○チンなんて言葉出るとホントウケる」と言われました。

3人で楽しく会話をしました。

 

 

でも、数か月前の奥さんは「死にたい」「旦那は分かってくれない」

と僕に言ってきた位夫婦間の悩みを抱えていました

旦那さんと男2人で夫婦間や愛、妊活について話したりもしました。

 

 

最近、目に見えて体や心が変化し、

前向きに妊活をしてくれています、今日のご夫婦の笑顔も良かったな~

 

 

この2つの症例でみなさんにお伝えしたいのは、2点。

 

一つ目は、 

ガンとか不妊とか、

こういった方へ対応して結果出すって簡単なんですよ。

 

僕なんか相談に乗ってるだけです。

 

ますガンとか不妊に向き合うことが凄いことだ、

という「概念」を捨ててください。

 

 

そしてもう一つは、

みなさん自分の仕事を心から愛しているか?ってことです。

 

 

僕は、自分の所へ来る方の人生に触れて、一緒に苦しみや喜びを共有できるこの仕事を愛しています。

 

 

みなさんは治療家として「どなりたいか」を追求したくて勉強してると思います。

テクニックを駆使して得られるのは、相手の症状の改善以上にもっともっと深い喜びがあります。

 

ガンの方でいうと、

ガンの数値が良くなったこと以上に、

夫婦の関係が良くなったこと、毎日楽しんでるお父さんの姿を見る、娘さんの姿をみる

ことに大きな幸せを感じます。

 

 

不妊に悩む方に対しては、妊娠されたり、出産されて赤ちゃんを見せに来て来ることも

大きな喜びですが、

 

検査や失敗から「自分は妊娠できない」という思い込み。

セックスレスで「夫は私にも、不妊治療にも興味がない」という思い込みを変えて、

毎日を楽しく過ごせている顔を見ることも本当に大きな喜びを感じます。

 

こういったことを僕はみなさんと共有したいですね。

 

 

是非みなさんが仕事をしていて幸せだと感じる瞬間を僕に教えてください。

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。