病院の検査を受けた方の対応②

病院の検査を受けた方の対応②

病院の検査を受けた方の対応②

中野です

 

前回から、病院の検査を受けた方への対応をお話しています。

 

病院の検査は、基本的には、

生殖器の構造に対するものです。

徹底的にこれです。

 

僕らは、それに関わる身体の機能面や健康問題を見ていくという事です。

シンプルですがこれをいつも意識してくだい。

 

例えば、

病院では「子宮にポリープや筋腫があります。これが原因かもしれません。手術で取りましょう。」

となります。

 

僕らは、

なんでポリープや筋腫ができたの?

生理痛やオリモノと関係してそうですね?

なぜなら、これらは子宮のお掃除ですから。

生理痛やオリモノが少ない等の原因は、ストレスや便秘かもしれませんね。

 

これを改善して、子宮がキレイになるように体を整えましょう。

ということです。

 

実際、ポリープや筋腫は妊娠にあまり影響ないとも言われます。

しかし、僕は胎児のことを考えると問題だと思います。

子宮をきれいにして妊娠に望むべきです。ポリープくらいは直ぐになくなります。

筋腫も時間が少しかかりますが対応できます。

 

手順としては、

①妊娠って?

②妊娠を妨げるものは?

③検査の意味は?

④健康問題との関係は?

 

というのをしっかり理解してつなげて提案できるといいと思います。

実際、治療時はあまり関係ないんですが。ヒントにはなります。

では今日もお付き合い頂きありがとうございました。

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。