筋腫があるのに妊娠した!どうする?筋腫は本当に敵なのか?


こんにちは。日本妊活協会代表の中野です。

 

今回は子宮筋腫を持ちながら妊娠された方への対応について質問を頂いたので、
それについて書いていこうと思います。

 

子宮筋腫がどこにできて、どういうもので、
妊娠~出産にどういうリスクがあるのか、
医学的にどういった処置をするのかは、

調べれば書いてありますし、
僕たちの領域外の部分も含まれていますので今回は割愛させてもらいますね。

 

子宮筋腫が見つかった後に妊娠した方の不安

以下、質問内容です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妊娠初期で子宮筋腫がある方に、
子宮筋腫用のプロトコル(*1)の施術をしても大丈夫でしょうか?

 

知り合いの奥様がとても困っているということで是非サポートしたいと思っています。

この方は妊娠は苦労なくできるということですが、
筋腫があり直近で1度流産をし、2回目の妊娠ということです。

以前のクリニックでは、
筋腫は取らなくて良いと言われていたのに、
今回のクリニックでは何故手術しなかったのかと攻められるようなことがあり、
とても心や自尊心が傷付いているようです。

今のままの心の状態だと、
筋腫は小さくならなそうなので子宮筋腫との向き合い方含めて施術もしようと思っています。

注意点、ご意見、アドバイスをお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*1:子宮筋腫用のプロトコルとは、講座でお伝えしている子宮筋腫がある方への対応についての考え方と手技です。

ちなみに、子宮を揉む、筋腫に刺激を入れるといった手技ではなく、
免疫を上げ体から毒素を排泄できるような体作りをし、
筋腫ができなくても良い状態を目指すといった内容の手技です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妊娠後は何を意識して対応すればいいの?

まず、

この方の場合、妊娠しているので、大切なのは筋腫を小さくするというより、
「母体と胎児を守る」といったイメージで対応すると良いと思います。

そう考えると、筋腫は母体を守るためにできている物なので、
まずは筋腫に感謝ですね。敵視する必要はないと思います。

症状は体を守るサインですからね。

 

筋腫だって口内炎だって体からのサイン

今日電車の中で、
「口内炎、痛くて食べれない、可哀そう、これで治して食べよう!!」
みたいな薬の広告がありましたが、

 

口内炎は「食べないで!!」というサインです。
口から肛門は腸管ですから、腸管の入り口で痛みとして知らせてくれています。

 

それはそれは、口内炎は辛いですけどね汗
本来感謝すべきなんです。

色んな毒を受け止めてくれた子宮に感謝する

さて、子宮筋腫は子宮が色んなものを受け止めた結果のサインです。

 

毒を集めて固めてくれた子宮、
子供を授かってくれた子宮に感謝です。

 

子宮の存在を意識してあげて、大切に思う事です。

子宮は、
・心の毒(特に不安、感情抑制、罪悪感)
そして、
・化学物質的な毒(薬、添加物、農薬等)

を受け止めるので、 子宮に対する毒ができるだけ無い環境をつくってあげる事が大切です。

ただ、妊娠前と後では心も体も状態が違う

でも、受精卵を受け入れ、命を自分の体内で育てるために、
ホルモンバランスを変え、体の構造を変え、
人生で経験したことのない体の適応を求められます。

 

ホルモンバランスが普段と違うため精神状態が変わり、
食の嗜好も偏るこの妊娠初期の時期に、

気にしすぎはさらに、不安や罪悪感(体に悪いもの食べてしまった汗)
につながるので、ほどほどにですね。

 

そして授かった子供、それまでの経緯も含めて感謝

また、 一回流産している経験があるので不安はぬぐえないと思いますが、
前回の流産自体も今回授かっているお子さんのための経験の一つだったと、
感謝の気持ちを持つ事が大切かと思います。

そうすることが、子供(前回流産した子と、今回命を授かった子)のためにもなります。
子供にとっての一番のエネルギー源は「母親の幸せ」です。

小児の症状に悩むご家族を見てきてそう感じています。
母親の状態を子供が症状(サイン)として出してくれている事がよくあります。

セラピストが「良かったね」「ありがとね」っていう気持ちで、
ゆったりと接する事が一番だと思います。

プロトコル(手技)に関しては、
妊娠初期の腹部への施術は子宮への血流を激しくコントロールするので比較的短めにします。

同じプロトコルでも、
「筋腫を小さくするため」ではなく「お母さんがリラックスして、子供がすくすく育つため」
というイメージと意思で行うと、

結果も相手の受け取り方も変わってきます。

まとめ

最後に、簡単にまとめると、
・もう筋腫がある中妊娠したからしょうがないよね
・筋腫のおかげて子宮が守れたんだね
・新しい命を喜び、育てていこうね

という気持ちで施術もカウンセリングもしたらよいと思います。

 

新しい命が誕生しているので、幸せを感じながら過ごすのが一番です。

 

言い方が少しキツイかもしれませんが、
不安になって過ごしたって、幸せを感じて過ごしたって、筋腫はあるんですから。
しょうがない。

 

どうせなら、より心が楽な道を選んだ方がお得です。

って僕は思います。

参考になれば嬉しいです。

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。