お金をあまりかけずに患者さんに喜ばれながら集客する方法!


妊活協会の加藤です

1604g814

 

一発目から、こいつはいいやと思った皆さんすいません。そしてさようなら。
いや待ってたよ、というあなたありがとうございます。

本日は、僕が半年間ガチで頑張ってみたブログについてお話をしたいと思います。

ブログで頑張るとはどの程度のものなのか?

ブログっていいのか?悪いのか?

数字を出しながらもお話していきたいと思います。

広告費が高くて反響がないので辞めた

ブログを始めた経緯はズバリ

「お金をかけたくなくなった」

というのと

「金をいつまでかければいいのかこの先が見えない」

そして

不妊の事を考えるとホームページの内容だけでは薄い!ということです。

アメブロも書いてたけれど

去年の前半戦6月近くまでアメブロの更新を一生懸命行っていたりもしましたし、チラシも広告も打っていました。

病院さんでこんなことする病院なんかないでしょうし、不妊と整体というキーワードに患者さんがめを見張ることはありません。

ほとんどが

「どうせ嘘でしょう?」という前提で世の中は流れています。
というか自分の場合は流れていました。

それぐらい患者さんていうのは本当に困っているわけですし、そういった疑問を変えていかないといけない。

でアメブロです。

一般的にみてアメブロのサイトってなんか信頼なくない?
って自分で思ったんですよ。
これスゲー単純になんか広告ががつがつ入ってきてるし、内容も書いてあんだけれどなんか薄いんですよ。

いやしっかり書いてるんですよ。
でもなんか、病院なんかのサイトと単純に比較した場合

「なんかみすぼらしいなぁ」

って思ってしまったんですね。

「相談してください」

なんて書いてあるけれどこれ大丈夫か?と
自分の個人的な見解で申し訳ないんですけど、アメブロって不思議ちゃんがいっぱいいるイメージ何すよね。

○○で夢を叶えましょう

から始まり

○○は守護霊のどうたらこうたら

そしてコンサルタントも一生懸命書いてるわけです。
別にアメブロでも集客が上手くいってたら自分も難癖つけるつもりはなかったのですが、、、、

いかんせん
書いても書いても人が集まらないわけです。

2分位考えて出た結論は

「こりゃダメだな」と

そこで前半戦でアメブロとは決別しました。

そこで広告費に疑問を持ち始める

半年消化するのかしないかぐらいに広告費が異様にかかっていることに違和感を感じました。

PPCもかけてるし

チラシもうってる

そして情報誌にも載せている

でもこれってこのまま一生こんな感じで行くのか?

という疑問です。

できるんならやめたい

できれば辞めたいわけです。

ホームページだってアナリティクスで検索しても月々100人にもみられていないですし、業者のクリックで営業電話がかかってくる。

それにライバルのクリック連射もあったりするわけです。

どこまで暇なのか?まではわかりませんが、毎月お金を人質に取られているわけです。
金が沢山あるなら

「投資、投資」となりますがそこまで余裕などございません。

さらに金ない人程投資するんだよというけれど

金がない人程投資はすべきなんてコンサルタントはいうわけです。

「みんな勉強している」

経営の勉強をしているとこういったことが普通になってくるんですけど、これが常識?
って思うのはちょっと違うかなと。

別にこれは鉄板なものでもないわけです。

特にチラシなんかすぐに反応が落ちていく。

そして地域で一番の検索順位でいても、お客さんはこないわけです。

それじゃどうするのか?

ワードプレスに投資することにしました

僕はなぜ人がこないのか?必死に考えました。

その結果

「ライティングが弱い事」

そして

「アクセスがそもそも集まってこない」

この二つを解消するためにあまたをひねったわけです。

その結果

アクセスに関してはアフィリエイターに教わることにしました。

アクセス50万とか平気で行くような人たちです。
しかもそこまで広告に金をかけていないで行けるので

「これはなんかノウハウがあるな」

と思ってすぐに申し込みました。

そしてライティングに関しては、有名な人に教わることにしました。

この方も年間7000万までならこの書き方でいけるからって言ってくれたので、とりあえず教わろうと思いました。

投資の方向性を変えた事

投資するにも今まで広告や、ホームページというものばかりに金を変えていたんですが後半戦はそれを辞めました。

そして自分に金をかけることにしたんですね。

ライティングができれば、媒体が変わってもかんけいありません。
書いたり、パソコンで打つだけですので。

そしてアクセスに関しては再現できるやりかたを常に最新で教えてもらえるわけです。

グーグルさんは不意に色々変更になりますんで情報弱者は死ねます。
個人的にはそう思っています。

後半戦死にもの狂い

7月夏からの後半戦は、マジで毎日ブログを書いてました。

もう一日10記事投稿してアクセスが上がらない事もあったし、それでも一時期アクセス8000まで行きました。

その結果1月にようやく「宮城県腰痛」

というキーワードで1ページ目に来て更に別で書いてる不妊整体のブログからもアクセスはないのですが、去年だけで6名来てくださいました。

広告費が0なのでこれは嬉しいです。

結果的に今現在220記事超えた所です。これからもドンドン更新して一位を目指します。

再現性があったからよかったブログ

 

そのほかにもこのブログと、この協会で一般の人に向けたブログも監修させてもらってたまに自分で書きます。

そこで教わってきたノウハウも協会メンバーにお伝えしているのですが、

これが本当にやってよかった。

なぜなら、僕じゃなくても僕以上にアクセスを取れる記事をメンバーがあげてくれるようになったからです。

再現性がないと意味がないですしね。

キーワードによっては一位もとれています。

大事なのはどこに金をかけていくのか?

こうして自分が体験してみるとわかることなのですが、お金をどこにかけていくのか?で結果が全然ちがってくるなぁと思いました

今年は本当にあまり金をかけずにいけそうなのでよかったです。

いつも通りなんかの塾にいっていたら今の結果は出せなかった。

 

不妊の患者さんも記事をよく読んだうえで来てくれるようになった

チラシや広告頼みで来てもらっている患者さんもいるにはいたんですが、なかなかこちらの考えを理解していただけませんでした

だから、時間がかかると言っても途中でやめられたり、たいそうなどをおつたえしてもやっていただけなかったり、ちょっときてすぐに来なくなるっていうのが多かったんですよ。

でもブログで来てくれる人って良く内容を読んでくれていたり

「あの記事こう書いてたのはなんで?」

とか質問をくれるようにもなりました。

これがすごくうれしい、なかなかハードル高いんですよ。

だから集客ってなると口コミとか紹介頼みになりやすいですし、それもなかなか集まらないっていう先生も多い。

だからブログを書く。

 

勿論書くのは大変ですけど読んでもらったことで内容も理解も深まるわけです。

そしてブログをかくのなら

「これこれは間違っています」

なんて書き方はしないでくださいね。

それって女性は凄く嫌がりますよ。

奥さんだって頭ごなしに否定されれば口きいてくれませんでしょう?
それと一緒。

ぼくらの商売は病院から患者さんを取り返す事でもないですし、押しつけがいいわけでもない。

気持ちよく次に進ませることだと僕は考えているんですよ。

協会の考えがどうとかじゃなくてあり方の問題。

そういった意味でもブログに成長させてもらったのかなっても思います。

 

 

今年はもっと多くの患者さんを妊娠させてあげたい

去年以上に今年はもっと患者さんに来てもらいたいわけです。
でもそのためには情報とできることをきちんと伝えていく必要があると僕は考えています。

情報をたくさん出す先生と出さない先生

もしあなたが行くとしたらどっちがいいでしょうか?

そしてどんな媒体や何をつかってお伝えしていくのかも一生懸命考えていかねばなりません。

患者さんのためとかかっこつける必要なんて別にないです。

やってることは泥臭い事ですから。

それに集客しないと生きてはいけませんので、幸せっていうのは結局自分らに余裕がないとダメだと思うんですよ。
自分が余裕ないのに他人を救えないのは僕は震災で被災してみてよくわかってます。

今年も楽しんで治療してくださいね。

読んでくれてサンキューです。

宮城県多賀城市骨盤屋

加藤

 

 

 

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。