体外受精を成功させるポイント


こんにちは。

日本妊活協会代表の中野です。

 

昨日は、協会の月一回のマスターの集まりでした。

 

どうしたら、社会の信頼を得られるか、どうしたら子宝整体師が成果を出せるかを検討していました。

 体外受精のサポートが大事な理由

ミーティングの中で、

体外受精のサポートの検討をしました。

 

体外受精をやられている方には、本当に多くのお悩みがあります。

・服薬や不安による体調不良

・精神的な不安

・経済的な不安

細かい所では、

・採卵がうまくいかない

・卵子が取れても受精が上手くいかない

・受精が上手くいっても受精卵が成長しない

・受精卵が成長しても着床しない

・着床しても流産してしまう

 

体外受精は、

妊娠率でいっても2割~3割程度、

出産までとなると1割~2割と非常に厳しい状況です。

 

一回の費用も数十万かかります。

 

 

そういった方々が口をそろえて言うのが、

「どうしていいかわからない」

という事です。

 

まずは、僕らが想像できる範囲でも、

理論的に説明と安心を与えられるのなら、

それだけで価値があります。

 

体外受精、つまり精子と卵子が出会えてから妊娠までの壁を超えるために

 

今回は、

生理学、解剖学、栄養学、運動学、発生学、心理学、脳科学

そして、文献から得たデータ、

 

さらに大事なのは、自分達の臨床経験や「勘」をいかに言葉にするか。

 

もうかなり体外受精においては、

「狙い通りに」ができてきています。

 

周期のどの時期に、心理状態、栄養、運動刺激、臓器の刺激を考えて、

その方の能力を邪魔せず、発揮させることができるかです。

 

例えば、

 着床が上手くいかない方には、

・移植前に行う、内膜の厚さを上げる施術や栄養や運動

・移植後に行う、着床しやすい子宮の血流や栄養状態を作る生活指導

 

 

こういった事を考えて、考えて8割いけるんですよ。

あと2割の上手くいかない症例に対して、

もっともっと考えることや、

僕らの想像では及ばない部分でキネシオロジーやエネルギー治療が必要になるでしょう。

 

世の中に浸透させて、初めて目的が達成されることを意識する

考える事と考えない事

 

この両方のバランスが大事だと思いますよ。

 

頭だけで考えて概念に固執してしまう事も、

勉強も考えることも避けて、目に見えないところが全てになるのも、

不妊をゼロにする目的には近づけないかなと。

 

 

大事なことは、

 

「世の中に浸透させること」

 

ですからね。

 

 

 

こういったことは、進化コースで学ぶことできます。

 

知識や技術、考えて知恵にすること、そしてやはり一番大事なのは

「関係構築」と「相手を理解すること」です。

 

そのためには、器が必要です。

器を広げるにも、

 

知識をつける事と、

多様性を受け入れるという両方が大事になってきます。

 

だから、

是非あなたの得意な事で、

妊活の方を救えるアイデアがあったら僕らにシェアしてください。

僕らも惜しみなく、あなたにシェアします。

 

 

〚不妊症テクニック導入コース〛

あなたの周りで妊娠に悩んでいる方、

あなたの治療院に通っていて実は不妊で悩んでいる方、

まずは目の前の方から救いましょう。

そして、一緒に不妊ゼロを目指す仲間になってもらえませんか?

説明会の明細をご覧ください。
http://abaql.biz/brd/archives/xblrvt.html

 

中野

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。