治療家人生を変える日(in京王プラザホテル)


中野です

 

昨日は、「治療家人生を変える一日」という名目で、

120名の治療家の方の前でお話しさせていただきました。

 

今回は、理念が共通する3団体(妊活、腰痛、美容)での合同イベントでした。

 

ここでお話しさせていただいたのは、

人生を変えるために大事な事です。

 

僕は、治療院に来られる妊活に悩む方、子供の病気に悩む方、癌に悩む方が、

人生を変えてくのを目の当たりにしてきました。

 

そして、セミナーや私塾を通して治療家が人生を変えていくのを目の当たりに来ました

 

人の人生における悩みはひとそれぞれです。

症状の原因も人それぞれです。

 

しかし、人生を変えた方々を見ていると、

そこから脱して幸せに向かうために大切な事は1つか2つくらいだと思っています。

 

 

治療家が人生を変えたいというのなら、

そのために必要なことは、

「逃げない事」です。

 

3つの事に逃げないことです。

 

①自分の人生

 自分の仕事を楽しむ事、豊かになる事、家族を幸せにする事

 ここから逃げている人がほとんどです。

 

②相手の人生

 治療家であればクライアントさんの人生です。

 クライアントさんの家族や人生から逃げないことです。

 逃げてないですか?

「あの人はやる気ない」とか「いうこと聞かない」とか、

しまいには、「本人じゃなくて旦那さんの問題だから」とか。

 

③社会

 子供たちの病気、自殺、未来の問題から逃げてませんか?

 

 

この辺りが、僕達に妊活協会の仲間と昨日ご一緒させていただいた、

団体の先生方と共通した理念となっています。自然とね。

 

ですので、

昨日は「技術や知識より大切なもの」

という事をお話しする登壇者の先生が多かったのですが、

 

勘違いして欲しくないのは、

技術や知識が「大事ではない」という事ではないのです。

 

それは

「あって当たり前」「磨いて当たり前」の話です。

 

ただし、

自分や相手の人生や、

社会問題から逃げていては技術や知識が生かされることは無いでしょう。

 

 

そして、この3つから逃げないことは治療家としての「道徳」です。

 

道徳無しに経済を求めることは罪です。

 

しかし、経済が無い道徳は「戯言」です。

 

病気が増えている以上、

僕も含めどんなに偉そうな治療家も、団体の長も、代替医療の偉い人も、

 

健康に携わる人たちの言ってることは「戯言に過ぎない」という事です。

 

治療家の地位を上げて、

世の中に気づきを与えて行きましょうよ。

 

まずは僕程度の影響力は皆さん持ってください。

そのためにどうすればよいか。

 

①自分の豊かさを手に入れる事

②治療家として、人としての道徳(逃げない事)を意識する事

                                                                                                          

これさえ一年間通せたら、

今の僕は超えられるでしょうね。

 

僕なんてそんな立派な人間じゃないですから。

みなさん期待しています。

頼みましたよ。

 

昨日来場していただいた方々、本当にありがとうございました。

 

一般社団法人 日本妊活協会 代表理事 中野智彰

 

〚不妊・婦人科の詳しい施術やカウンセリングのコツ〛

技術のコツや、婦人科疾患の対処法等の情報を分かりやすく、

出し惜しみなくメルマガで発信しています。

読んでいただけたら嬉しいです。

登録はこちらです。

https://bite-ex.com/rg/2164/13/


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。