「卵子の老化」どう考え、どう伝える?

「卵子の老化」どう考え、どう伝える?

「卵子の老化」どう考え、どう伝える?

中野です

ここ最近、40代の方が多く見えるようになっています。
40代の方がとても気にしているのが卵子の老化です。

ただ、実際には30代前半でもかなり深刻な状態の方もいます。

というより、
30代後半で結婚し、特に婦人科の既往や不妊治療歴のない40代初めの方より、
20代からピル等を使用し、不妊治療でホルモン療法を長く続けてきた30代前半の方が問題は深刻の場合も多いです。

卵子の老化とは言われますが、
卵子は長年(胎児の頃の母親の栄養状態も含め)歴史の影響を受ける可能性があります。

これに加えて、
「卵子の老化」という言葉が独り歩きしたり
AMHの検査で「閉経が近い」と言われたりすることによる

自分にはもう未来が無い、
未来は高度医療に託すしかない

という思い込みや焦り、
自尊心の低下がもっともっと問題です。

歴史自体(過去)は変えられませんが、
希望を奪ってはいけない。

もうすでに遺伝子異常を起こしてしまったものに対しての話は置いておいて、

まだ可能性のある卵子の元を、より正常に育てたり、
逆に異常が起こってしまったものをしっかり代謝させる能力があれば、
十分自力で良い卵が排卵する可能性はあるはずです。

ここで言う「よい卵」とは、
形が良いという意味ではなく。
健康な赤ちゃんになれる卵です。

遺伝子の状態や、エネルギーの状態です。

そう考えれば、高度医療以前にできることはたくさんあります。
というより高度医療の前に本来やるべきことです。

卵子の状態をよくする(形)という概念より、
健康な卵子を排卵させる(質)という概念です。

そのためには、
・細胞の代謝(体液の栄養状態)
・卵巣の代謝(生理周期)
を考えることです。

結果がもちろん大事
しかしプロセスはもっと大事です。

プロセスを踏むことは、より未来につながります。
小児のアトピー等に向き合ってるとよくわかります。

相手の方は、
噂話や一方的な情報で、とにかく判断力や自分と向き合うことが低下しています。

その方がよりよいプロセスを歩むために大事なのは、
しっかりスタートラインに立ってもらうことです。
① リセットする事
② 自分と向き合ってみること
③ できることと目標を決めスタートさせること

まずここが大事です。

これがないと、テクニックも知識も本当に相手のために使うことはできません。

「卵子の老化」という言葉一つに対しても、
しっかりと自分なりの哲学を持ち、セラピストの可能性と、相手の方の可能性をもっと広げましょう。

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。