セルフケアと成功体験

セルフケアと成功体験

セルフケアと成功体験

中野です

 

数回前に、「初診時に重要な対応」についてお話しました。

僕の場合、早い段階でセルフケアで成功体験をしてもらいます。

理由は、繰り返しお伝えしていますが、

検査や生理が来た時の落ち込みによる、自尊心の低下に対するものです。

 

そして、一番成果が出やすく妊娠につながる子宮へのセルフケアを伝えています。

 

何回かに分けてお伝えしていきます。

 

まずは、膀胱を介してでもいいので子宮の硬さや歪みを診て下さい。

そして、循環器系へのアプローチをしてみて下さい。

・下肢への静脈リンパ液のうっ滞

・腹大動脈

・腎臓

へアプローチしてみて下さい。

どこかで大きく子宮が緩むはずです。

 

この時期は特に、ふくらはぎのポンプだけでもかなり変化がでます。

 

今日来た方でも、

腹腔内・血管・頭蓋・エネルギーの調整後に、

まだ残っていた子宮・L5の硬さを、ふくらはぎポンプでとりました。

 

セルフケアとしても簡単なのでやってみて下さい。

 

ちなみに、

腹大動脈へのポンプは、お臍を中心に相手に深呼吸をしてもらいながら、血管の拍動を感じ、動脈へ刺激を入れてください。

この場合も結果が出たらセルフケアとして、

寝る前に布団に入ってからでいいので、

深く腹式呼吸をしながら動脈の拍動を感じさせてポンプを

セルフケアにしてみてください。

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。