勇気をもって来院した方を独りにしない為に


中野です

 

 

今日は、新規の方と信頼関係をどう築くかについてお話します。

 

 

これは「リピートを取る」という意味合いになりますが、

僕の中では、

相手の方は本当に悩んで、勇気をもって、どうにかしてくて一歩踏み出したので、

絶対に独りにしないでください。

 

通ってもらえなければ、

また独りで不妊治療と闘わなければいけなくなる方も多いですので、

そういう気持ちで向き合ってください。

 

 

新規の方は、

僕らよりも不妊治療について詳しいことがあります。

 

まだ妊活の方に向き合う機会が少ない先生にとっては、

初診で何を聞かれるか心配になると思います。

 

でも基本は、

目の前の方の不安を少しでも解消して前向きになってもらうことと、

体の状態をよくすることですので、

必ずみなさんでも価値を感じてもらうことはできます。

 

僕もはじめは皆さんと同じだったので大丈夫です。

 

 

ポイントは、

当たり前ですが、

「他とは違う」と思ってもらうことです。

 

そのために、

「受容」と「個別性」を感じてもらうことです。

 

 

ここさえできれば、

信頼関係を築けます。

 

専門知識で、無理に戦おうとしないでください。

 

まずは「受容」についてです。

 

不妊治療を行っている方は、

本当に感情や悩みを抑制しています。

 

病院はもちろん、

友人やパートナーにも表現できていない方が多いです。

 

なので、

みなさんが分かることも理解してあげれないことも含めて、

聴いて受容してください。

 

専門用語や知らない言葉があった場合、

「それについて教えてもらえますか?」

と正直に聞いてください。

 

中途半端に答えようとしないでください。

 

自分の分からないこと、

感じれないことも含めて受容してください。

 

 

いつもお伝えしていますが、

・どうしてきたのか?

・どうしたかったのか?

・これからどうしたいのか?

 

を聞いてみてください。

そして、「これからどうしたいのか?」についてですが、

相手の方はかなり勇気をもって来院しているのと、

こちらがどういうことを提供するかも想像できないでいます。

 

なので、

「もし、こちらの治療院に来なかったとしたら、

どうしようと思っていたんですか?」

というのを聞いてください。

 

これは結局何をしているかというと、

妊活を「自分事」になってもらうためです。

 

 

次に個別性です。

 

この場合、カウンセリングがかなり大事で、

その「どうしてきた」「どうしたかった」「どうしたい」

に対して、その方にあった提案をすることです。

 

 

そして皆さんが得意な可動域のビフォーアフターも個別性になると思いますが、

妊活ということなので、

 

昨日お伝えした「子宮の緊張」や「下腹部の張り」が、

目の前の方の場合、どこが影響しているかを調べてシェアして、

セルフケアに落とし込むといいと思います。

 

 

昨日お伝えしたように、

子宮や下腹部の緊張は、

①ふくらはぎのマッサージ ⇒ 静脈血やリンパ液の滞り

②お臍のポンプ ⇒ 内臓に血液を送っている動脈の滞り

③顎を緩める  ⇒ 精神的緊張から顎が緊張し頭蓋骨が動かなくなっている

 

場合が多いですので、

①~③を行いながらその都度子宮の緊張をチェックしてください。

 

 

①ふくらはぎのマッサージは、軽くアキレス腱から腓腹筋までを一回ポンプするだけで十分です。

②お臍のポンプや、ゆっくり息を吐いてもらいながらお臍より2横指上(頭側)を軽く押し、腹大動脈の拍動を感じる程度までで十分です。回数は1回で十分です。

③顎を緩めるのは、咬筋や側頭筋をリリースするだけでよいです。

 

できるだけ、短い時間で少ない手数で行ってください。

 

①~③のどれかでかなり子宮が緩むはずです。

 

この時の大事なポイントは、

あまり変化がなかった時に、

「○○さんの場合は、ふくらはぎのマッサージではあまり変わりませんでした」

ということはお伝えしてください。

 

「うまくいった場合以上に、ここは原因ではなかったですね」の方をお伝えすることで、

より個別性を感じてもらえます。

 

特に子宮や下腹部の緊張は、

セルフケアをやっていくと本人でもわかるのですが、

基本最初は感じれないので、

こういった「うまくいった、いかなかった」の両方をお伝えすることで、個別性を感じてもらえます。

 

あとは、

セルフケアに落とし込んでもらい、

それをやることで次回来た時には今日より子宮や下腹部の張りは、

改善しているはずであるという意識をもってもらうと、

妊活が「自分事」になってきます。

 

 

まだ、子宝整体を習ってない方でもできますので、

是非、周りや治療院にお悩みの方がいましたらやってみてください。

 

我慢していた方が多いので、

本当に価値を感じてもらい、自分事として通ってもらうことで、

相手の方の夢へ近づくことができます。

 

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。