女性を診るときに「絶対」意識すべきこと

女性を診るときに「絶対」意識すべきこと

 

女性を診るときに「絶対」意識すべきこと中野です

 

今日は、僕からみなさんへお願いがあります。

 

これは

、僕が不妊・婦人科セミナーで一番初めに伝える哲学なのですが、

もしみなさんの前に妊娠したいと思っている女性、今後妊娠をする可能性のある女性がいたら、

 

「卵を守れ!」

という目的も持って向き合ってほしいんです。

 

「今後妊娠を吸う可能性のある女性」

ということは、 小児だろうが10代のスポーツ選手だろうが、 痛みで来たとしても、アレルギーできたとしても

 

「卵を守れ!」

 

と少しでも思って治療してください。

 

僕が大事にしている治療哲学として 「臨床が全て。そして病気の進化を越えなければいけない。つまり、常に進化すること。」 があります。

 

不妊症の方をみていても、2年前の不妊の方の原因や悩みと、現在とでは変化していると感じています。

 

そして、今月もすでに4名の不妊の方が新規で来ているのですが本当に悩みが深刻です。

本当に、「妊娠ができない」というのは人生を狂わせます。

 

まだ30代前半にも関わらず「卵巣が委縮してきている」と医師に言われた方もいます。

しかも長年のホルモン療法の過剰刺激が原因と思われます。

挙句の果てに、

「生まれつきだ。神様がもう決めたことだから仕方がない」と医師に言われた方もいます。

 

初診時に夫婦で来て、 夫から「結婚前から婦人科疾患があるので、妊娠しづらいだろうと分かってはいたけど・・・」 と言われる方もいます。

 

GWにお互いの実家に行くと罪悪感や、兄弟の子供を見て苦しくなったりという方も多いです。

 

今後治療家や、その他健康にかかわる人たちには間違いなく、

・その方の人生設計を含めたカウンセリング

・栄養指導、食育

・時代に合わせたアプローチ

が必要になってきます。

というか、そうでないと「ヤバい」時代が来ると思います。
近い将来、「不妊になってからではもう遅い」という時代が来るでしょう。

 

だから、それだけの責任があるという自覚を持っていきましょうね。

 

僕が沢山の不妊の方をみてきて最近思うのは、

圧倒的に「卵子の質の問題」「精子の質の問題」です。

 

 

特に、卵子の質の低下は手ごわいです。

採卵してグレードがいいとか悪いとかは、正直「質」の問題と言えるのか疑問です。

 

 

遺伝子レベルで劣化していると、形はよくでもほとんど赤ちゃんになれない卵と考えられます。

 

 

卵は、とにかく生まれた時から攻撃を受けています。

そういう時代だからです。

 

 

僕らは教育者としての自覚を持って目の前の悩んでいる方や、 苦しんでる子供の親御さんの「今後の人生」を導いていく役割があります。

 

 

僕の師匠が 「腰が痛い人に治療して治っても、腰痛で再来院する人を作ってはいけない」 と言っていました。

僕は、 「症状無くなっても、その人が将来不妊で悩むような事が無いようにするべき」 だと思っています。

 

だから、もっともっと勉強して、もっともっとガンガン婦人科の悩みに向き合っていきましょう。

 

ちなみに、女性も男性も、卵子と精子の状態が悪い方の殆どが、仙骨が硬いです。

特にS2とS4です。

 

 

子宮や卵巣もそうですが、直接のアプローチは最後に回した方がいいですね。

何が原因で、子宮や卵巣、仙骨に問題があるのか。

人によって違うので確認しながら、治療してみてください。

 

なかなか取れない場合は、後頭骨にかかわる縫合を緩めてみてください、そして後頭骨の弾力を出せるように誘導してみてください。

 

病気の進化や、不健康に導く時代は待ってはくれません。

毎日進化しましょう!

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。