妊娠サポートは人生をかける価値のある仕事

妊娠サポートは人生をかける価値のある仕事

妊娠サポートは人生をかける価値のある仕事

中野です

 

このブログを読んでくださっている方は、

自身の経験や自分の治療院の患者さんを通して「不妊症の方の妊娠をサポートしたい」 と思ってる方だと思います。

 

そんなセラピストはまだまだ少数派です。

でも、この仕事はとてもやりがいがあります。

 

自身が不妊を経験されている方はとてもよくわかると思います。

 

僕は、子供が3人います。

僕の場合は、「子供のいる人生」がとても素晴らしいということをよく知っています。

 

そして、「子供が健康である人生」がとても素晴らしいことも知っています。

「妊娠サポート」の最大の目的は妊娠することではありません。

 

「子供が健康である人生」が最大の目的です。

何年も妊娠できない 、

病院にいっても妊娠できない 、

子供が好きで本当に子供がほしい 、

でももしかしたら、 私は子供を一生持てないかもしれない、

 

つらい不妊治療を何年も行ってきたのに。

気付けば40代間近。

やりたいこともやめ、仕事もやめた。

 

もう24時間妊娠のことばかり考え、

チョットしたことがストレスに感じるようになっている。

もう疲れたからあきらめようか。

でもあきらめる勇気がない。

 

もしかしたら次体外受精やればうまくいくかも。

 

こういった方を、 あらためてスタートラインに立たせてあげて、

妊娠に向けた新し人生をスタートしてもらう。

 

そして、一緒に楽しく頑張って妊娠報告を受けた時は、 本当にうれしいです。

ただ、この仕事は「妊娠」という1か0の仕事です。

 

まだまだ僕も、

肩こりや腰痛のように9割が改善(妊娠)するまでの実力はありません。

 

僕も幾度となく、

「いろいろありがとうございました。やるだけのことはできました。感謝しています。 でも、もう妊活は終わりにしようと思っています。」

 

と僕のもとを離れて行ってしまったのを経験しました。

 

人の人生を背負うには、 人に信用をもらわないといけません。

その分プレッシャーや責任はとても重いです。

 

それでもやる覚悟はありますか?

 

昨日は3名の妊娠報告をいただきました。

1人は、3年不妊に悩み人工授精も5回繰り返し妊娠できなかった方です。

あと2名の方は何回も体外受精に挑戦した40歳前後の方。

 

うち1人は採卵もできなかった方。

 

こういった方の妊娠報告は本当に飛び上がる程うれしいです。

 

しかし、僕はご本人の前ではそれほど喜びません。

妊娠報告の後にお伝えするのは、

「今お子さんが一番感受性が高い時期です。そして安定期までにお子さんの体のほとんどができてしまします。お子さんが元気に育つように安定期まで頑張りましょうね。」

 

とお伝えして、15週目で初めて「おめでとうございます」と伝えます。

 

そして、その後出産までは母親としての教育をします。

子供が健康でいられるための教育です。

 

子供が元気に育つための妊婦の体等についてです。

「妊娠」だけにこだわらず、その方お子さんの人生まで背負えますか?

 

その覚悟がありましたら、

ぜひ私と一緒に妊娠サポートをして沢山の方の未来を作って行きましょう。

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。