あなたが不妊に悩む方に向き合う理由は何ですか?


こんにちは、日本妊活協会理事の遠藤です。

今日は私がなぜ不妊の方の悩みに向き合うのかという理由を 書いてみようと思います。
不妊の方に向き合うことに関心のある先生も増えてきていますが、
「なぜ自分がそれをするのか?」という、
理由、目的を大切にして欲しいと思い書かせて頂きました。

それを明確にすることが、 自分の仕事に意義と意味を与え、より一層の情熱を注げると思うからです。

私は今もそうですが、 実は不妊症とされる方を診る様になる前から、
赤ちゃんを含む子供達を中心に施術に当たっています。

普段でも来院患者さんの4割くらいは子供で、 多い日には7割位の方が子供で占められています。
そこで最近来ている子供のお母さんから頂いた感想を紹介します。

【来院前の症状】
突然朝起きられなくなり、でもどうしていいか判らず、
小児科、睡眠の専門病院等で受診してもはっきりしなかった(高校生 男子です)

【感想】
八方ふさがりの状態だった為、何らかの糸口というかきっかけになれば、 と受診しました。
施術もさることながら、食生活の根本的な考え方や体のしくみなど教えて頂き、
病院での投薬や診断で「出来ない事」がこちらで「出来る事」なのだと感じています。

薬も毎日の食事も口から体内に入れることは同じですが、
ちょっと気を付ければ医療費をかけずに体をいい方向に持っていくことが出来る。

そしてそれは施術の効果にも貢献できるのだろうと思います。
実際、通いだしてから学校のお休みも目に見えて減ってきました。

札幌市 17歳 高校生 ===============
この感想は、起立性調節障害(OD)と思われる子供で、 日本の病院では原因不明とされています。

血圧のコントロールが上手くいかない(低血圧)ため、 朝になかなか起きられず、
不登校になりがちです。

単になまけているだけ、学校に行きたくないだけとされ、 精神的な問題とされ、診断もつけてもらえずに、
心療内科に送られるケースも多々あるようです。

この様な子は今や100万人ともいわれていますが、
学校の先生や親の理解もまだまだ進んでいません。

私はこういった子を「副腎疲労」という観点から診て、
アドバイスをさせて頂いていますが、 副腎疲労というのは、何らかのストレスがかかり続けた結果、
副腎からのホルモンの分泌に問題を起こし、 ストレスに対抗できなくなることから起こる問題です。

ストレスというのは、 肉体的なものもあれば、精神的なものもあります。

部活のし過ぎや食事の問題、 学校での友人関係や親子関係など色々と可能性はあります。

【不妊と子供の関係は?】
ところで、「子供達と不妊の何が関係するのか?」ということですが、 ここで少し想像してみて下さい。
もしこのお母さんに子供を産む前から、
・体の仕組みについて知る機会(体験)があったなら、
・栄養に関する知識を学ぶ機会があったなら、
・病院以外の選択肢があると知っていたなら、
・ちょっと気を付けるだけで体を良い方向に持っていくことが 出来ると知っていたなら、

「八方ふさがり状態」にならなくても良かったのではないでしょうか?

そもそも親も子もつらい思いをすることもなかったのではないでしょうか?
親が良い悪いと言っているわけでは決してありませんので、 誤解して欲しくないのですが、

事前に学ぶことができていたら、 ということです。

親ほど子供を想う人はいませんので、それだけでも私は親の味方です。
この様なことは、起立性調節障害(OD)に限らず、 小児アトピーや発達障害の子供達を診ていてもよく思います。

そこで「なぜ不妊の方を?」という理由ですが、
不妊の方の多くは体の仕組みや栄養に関することを知りません。

今の時代ですからネットで知識は得られますが、
それが自分の体とどう関係するのかがなかなかつながりません。

精神的なことについても同じです。
問題らしきことは色々と知識として入っても、
この辺は知識だけでは自分で気付けないことも多いので、
やはり他の人の助けも必要になります。

そんなことを観ていると、

もし不妊でお悩みの方が、不妊に本気で取り組んでいる治療家と関わり、
体のこと、栄養のこと、精神的なことなどを学び、体験できたなら、
妊娠前から生まれてくる子供との向き合い方にも違いがでて、

親も子も余計なつらい思いをせずに済むのではないかと思うのです。

子供を診ていると母親に行きつき、更に深く観ると、 お母さんが母親になる前のことを考えてしまいます。

子供が色々な症状でつらい思いをするのは、
親も学ぶ時間と考えれば、決して悪いことだとは言えませんが、
それでもつらい思いをせずに済むならそのほうが良いのではないかと思うのです。

それが私が不妊の方を診ようと思うようになった理由です。
何かしら皆さんの参考になれば幸いです。

日本妊活協会理事 こころカイロプラクティック 遠藤 晃央


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。