不妊症でお悩みの方へのカウンセリング②~簡単だけど大事なこと


こんにちは、日本妊活協会理事の遠藤です。

前回は、不妊でお悩みの方を診るときにぜひ質問して欲しいことを

以下のようにお伝えしました。

 

 

①「子供ができたら不安なことはありますか?」と、直接質問する。

②紙やホワイトボードなどに書き出して、その不安を明確にしてあげる。

③客観的に見てもらい、どう思うかを聞いてみる。

 

ここまでで、かなりの人が不安は解消されなくても、

反応に振り回されないようになります。

 

これで精神的な不安が軽減され、体も改善されやすい状態ができてきますので、

ぜひ試してみて下さい。

 

 

と書きました。

 

しかしこれだけでは「そうは言うものの・・・」と、

いうこともあるかと思いますので、実際の例を挙げて、

どんな不安が出てきたのかや、

 

相手が不安に振り回されてしまう場合にお伝えするポイントなどを

今回は書かせて頂きますね。

質問をすることの大切さ

まずなぜ質問なのかということですが、

人は質問されると、答えを探すようにできていますので、

こちら側から質問すると、何に不安なのかが相手にも明確になります。

不安やストレスを取り除く

 

ほとんどの場合、何に不安か明確でないために心の中でモヤモヤとしており、

子供が欲しいのになかなか出来ない。ということにもなっています。

 

不安やストレスなどの精神状態は、ホルモンの乱れなどという形で、

体に生理的な反応を引き起こしますので、

妊娠しにくい状態を作る可能性もあります。

 

 

特に医学的には一見、気になるほどの問題はないのに、

なかなか出来ない方に多いような気がします。

 

2人目不妊の方なんかにはありがちです。

 

 

実際に先日2人目不妊で来られた方の、
「子供がもう一人できた場合の不安」は以下の様なものでした。

 

・主人の子供への関わりが薄いので、もっと自分が大変になるかも。

・お金がもっとかかるので、生活していけるのか。

・子供が増えたら実家の母親があれこれと心配するので、母親に更に心配をかけさせてしまうかも。

・前回妊娠した時に身内がガンになったので、また誰かがなるかも。

・今41歳でもういい年齢なので、子供が大きくなったら自分も年で、あまり長く一緒にいられない?

 

などなど、たくさん出てきました。

 

この方は一見するとそれ程神経質とか、不安なんです、という感じではなくても、

これだけ出てきました。

 

 

実際に答えもらい、少し客観的に観て、

「そんなに気にすることでもないかもしれないな」、

 

と、感じてくれたようにも思いましたが、

まだ少し振り回されそうな感を受けましたので、

次の様なことを意識してお話ししました。

 

 

・不安でいる自分がダメとか、変えなければいけないというわけではないこと。

・一人で頑張ろうとせず、助けを求めてもいいこと。

・心配するのは心配する人の選択なので、自分のせいではないこと。

・未来のことは誰にもわからないこと。

・あなたはそのままでも母親になるだけの価値が十分にあること。

などをお伝えしましたところ、

ご自分の不安から少し離れられたように。

大切な事は

人が不安を扱えるようになるための原則の様なものは色々とありますので、

また別の機会にでもお伝えさせて頂きますね。

前回、今回と2回にわたり、私がよくする質問を一つ紹介させて頂きましたが、

一番大切なのは、本気で、誰よりも相手を想うという、そのあり方ですので、

そこを大切にしながらサポートをしてもらえればと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

感謝を込めて!
こころカイロプラクティック

遠藤 晃央

〚不妊・婦人科の詳しい施術やカウンセリングのコツ〛

技術のコツや、婦人科疾患の対処法等の情報を分かりやすく、

出し惜しみなくメルマガで発信しています。

読んでいただけたら嬉しいです。

登録はこちらです。

https://bite-ex.com/rg/2164/13/

 

 

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。