「不妊の原因は、心の問題」ってどういう事?


こんにちは。

日本妊活協会代表の中野です。

昨日は5月からの講座の説明会でした。

 

最近沢山のセラピストやトレーナーの方とこうやって接していくと驚く事があるんです。

 

不妊の原因が変わってきている?

 

一年前の説明会で「妊娠しにくい原因は?」

と聞くと、

多くの受講生の方が「冷え」「自律神経」「生理痛」という体や症状を答えたんですね。

 

でも特に今回の受講生の方は、

「自尊心の低下」「自己価値の低下」「不安」といった心の問題、

そして、

「人間関係」「化学物質」「女性の社会進出」

といった環境問題を上げてくれました。

 

え~

みんな施術家だったりトレーナーでしょ?

 

体の問題、一つも上がってこないじゃん!!

 

って思う一方、

凄い視点が広い人達なんだなって感じました。

 

体のスペシャリストでありながら、

世の中おかしくないか?原因これでしょ、やっぱり。

 

って思ってるんですね。

 

実際、5年前のクライアントさんの悩みは今とココが違います

 

そして本当にこの通り、

5年前に来院する方々は

「もっとできる事やりたいです!」「他の方法ありますか?」

という意気込みのクライアントの方がほとんどでしたが、

 

最近は、

「もう疲れました」「できることはやってるのに?」「なんで頑張ってる私だけできないの?」

というクライアントさんが多いんです。

 

不妊に関わらずそういったクライアントさんが増えている事が、

セラピストの意識を変えているだと思います。

 

セラピストの悩みも「手技」から「心や栄養の対応の仕方」に変わってきている

 

同時に、

セラピストの悩みとしてもストレスや栄養の問題とは思うけど、

実際にどう不妊に影響したり、

個別性を伝えてよいか分からないってう悩みが多いようです。

 

特に心も問題は、

初診で口にする言葉の裏の裏位に本音が隠れているので、

そこに一緒に気づくことが大切かなと思います。

 

「仕事を辞めます」で本当にストレスは減るのか?

 

例えば、

「職場のストレスが強いので仕事辞めて妊活に集中しようと思います」

という方は多いです。

 

その裏(何故?ストレスを感じるんですか。)には、

「実は仕事自体は楽しいんです。

でも自分が体外受精をするとなると迷惑になったり、今も隠して受診しています。」

 

ていう方もいて、

中には好きな仕事辞めて、妊娠しなかったら本当に後悔するかもと思ってる方もいます。

 

その裏(どうなったら、ストレスは無くなりますか?)には?

「一緒に仕事している仲なので、悩みを打ち明けられて受け入れてもらえたら嬉しいです。

でも迷惑だから・・・」

 

一方的に、職場に自分が悪影響を与えると感じてる方が多いです。

 でもこれって殆ど勘違いという事が多いんですね。

 

そこで「もしあなたと同じ立場の人が職場にいたら、どう思いますか?」と聞くと、

「打ち明けて欲しいです。協力してあげたいです。」って答えるんですね。

 

よっぽど人手が足らない環境や、

もともと仕事や人間関係で我慢している人の対応は変わりますが、

こういった方には勇気をもって開示してもらい悪い方向に行ったことが一度もありません。

 

夫婦間や、親子間でも同じです。

 

「夫は協力的」は本当に協力的と感じているのか? 

 

後多いのが、

「夫は協力的で、自分がしたいようにしてよいと言ってくれます」

と一見、夫婦で一緒に妊活をしています!という方です。

 

この裏(ご家族で妊活してる上で我慢してることはありますか?)には、

「やはり自分が頑張んないとなって思ってますが・・そのことばっかり一人で考えて、

気持ちが落ち込みます。夫にはもっと意見を言って欲しいです。」

という方が多いです。

 

その裏(パートナーへ感じている事はありますか?)には、

「こんな優しい夫に、子供がいない人生を歩ませるなんて申し訳ないです」

という罪の意識や、

逆に、

「結局私が頑張ってるし、夫は無関心なんですよ」

という怒りの感情があったりします。

 

これも実は勘違いが多く、

実際パートナーの男性に話を聞くと、

「本当に見ていて辛いです。でも生理がきたときに、何て声かけていいか分からないんです。

気を使って何かすると、機嫌悪くなりますし、口出さない方がよいと思っています。

心配なんですけどね。」

と相手を想う気持ちは十分あったりするですね。

 

こうやって相手を思いやってるのに、すれ違い「離婚します」という方もいたりします。

 

本当の悩みや感情には気づいていない

 

心の問題で大きいのは、

本人が表面的には意識していない分部にあったりします。

 

心の問題がなぜ不妊(体)に影響するのか?

 

こういった感情抑制や罪悪感は子宮に影響を及ぼします。

子宮筋腫が代表てきな例です。

 

また、継続的なストレス(息抜きが無い)と交感神経優位になり、

炎症体質につながり、子宮内膜症、月経時の痛み、卵管の癒着につながったりするんですね。

 

だから心も問題はとても大切です。

 

カウンセリングに自信が無い方が「十分に」できること 

 

カウンセリングテクニックのない僕は、

ただただ、相手の方に興味をもって接することを意識しています。

 

「理解してあげる」というより、

逆で、

「理解してあげたいけどできないから、もっと聞かせてくれますか?」

というスタンスです。

 

 

そして、

人間関係での「すれ違い」「勘違い」がとても多いです。

そこで僕らは人間関係の修復というよりただ本音を言う背中を押したり、

環境作りをすることかなと思います。

 

こういったちょっとした事から、

相手の方の顔色、表情、生活が一変したりすることがあります。

 

カウンセリング、心の問題への対応に対して、

「自分は男だから理解できない」

「自分が不妊治療をしてなかったから理解できない」

「結婚してないから理解できない」

って感じているセラピストも多いようですが、

 

ただただ「相手の方を理解しようとする」姿勢でまずは十分かなと思います。

 

逃げないで、こっちも勇気をもって聞いてみてください。

 

P・S

明日は5月からの講座のプレセミナー&説明会の最終日です、

昨日も前日申し込みで本当に喜んでいただいた方がいらっしゃいました。

 

明日は関西ですが、それ以外の地域の方も縁を感じましたら、

僕等に会いに来てください。

申し込み欄です。

http://funinseitai-pro.com/ps6/mind.html

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。