雨が降っている日の対応(信頼関係の築き方)


こんにちは~

 

日本妊活協会の青野です

 

セミナーの懇親会にて

大雨が降っている時に患者さんがご来院されたらどうします??

って話しを数人の治療院経営者さんとお話ししていた時に

当院の受付さんの対応の素晴らしさに改めて気づかせて頂いた気づきをシェアーしようと思います

 

皆様、朝起きた時に大雨が降っていたらどの様に思うでしょうか??

 

今日のご予約の方、ちゃんと来てくれるかぁ~って思ったり

今日は何人のキャンセルの方が出るかなぁ?

 

って私たち経営者は治療院の売り上げを無意識に考えてしまうのではないでしょうか??

 

その懇親会の時の話でも、

雨が降ったら、キャンセルの人が増えるよね!とか、

内は雨が降ったらタオルと傘をお貸しします!!とか、

内は車の人が大半だから、あんまり関係ない!!とか

 

患者さんの事を考えています!!って先生でも、タオルをお貸ししたり、傘をお貸ししたり

来て頂く前提でお話しが進んでいました

 

当然、治療計画通りに通って頂いて、最短で治癒して頂くのが、私たち治療家の使命であると解釈しています

 

ですので、大雨が降っても大雪が降っても雷でも台風でも

患者さんがご来院頂けるなら、全力で治療させて頂く事は当然なのですが。

 

 

そんな話しをしている時に、もし、自分が患者さんだったら、って患者さん目線で物事を考えた時、

今日は、治療の予約やのに雨降ってるわ~とか

大雪で通院途中に事故したらどうしようとか?

台風ならよーいかんよな?とか頭に巡りました。

 

そんな考えが頭を巡ると同時に、

雨が降った時に、

当院の受付さん(堀田さん)が患者さんにご予約の確認のお電話をしている時の事を思い出しました。

 

当院の受付さん(堀田さん)は

朝、雨が降っていたら、

当日のご予約の患者さんの内、足の不自由な患者さんや赤ちゃん連れの患者さんに

お電話して

 

お体の状態の確認をし

治療の日にちをずらしても大丈夫そうならお日にちの変更などいかがですか?って

提案してくれています!!

 

 

キャンセルされたらどうしようとか、

来て頂いたらどうしようとかではなく、

この大雨のなか、ベビーカー押しながら来るのは大変だろうなぁ~とか
雨やんだらいいのになぁ~とか(患者さんの為に)

 

って患者さんの事が心配でお電話してくれています!!

 

こんな対応をして頂ける受付さんがいる治療院、満足度が上がると思いませんか??

 

現に、受付さん(堀田さん)がお休みされた時の患者さんのお声は、

今日は堀田さんお休みなの??

 

って残念そうです。

 

それぐらい、施術をしなくても、思いやりやいたわりがあれば患者さんにファンになって頂ける事がたくさんあります!!

 

 

雨が降った時にキャンセルされた患者さんを悪く思うのではなく、

患者さんが家を出る前に雨が降ってケガしなくてよかった

ってくらいの気持ちで次回ご来院された時に全力で治療させて頂きましょう!!

 

 

一般社団法人 日本に妊活協会 理事青野 

〚不妊・婦人科の詳しい施術やカウンセリングのコツ〛

技術のコツや、婦人科疾患の対処法等の情報を分かりやすく、

出し惜しみなくメルマガで発信しています。

読んでいただけたら嬉しいです。

登録はこちらです。

https://bite-ex.com/rg/2164/13/

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。