妊婦の苦しみの軽減は重要ではない

妊婦の苦しみの軽減は重要ではない

妊婦の苦しみの軽減は重要ではない

中野です

今日、長年不妊や子宮筋腫に悩み、僕の所へ来た方が一旦卒業しました。

来月出産予定日なので。

最後に硬く握手をしました。
この瞬間のために、毎日プレッシャーと戦っているといってもいい。

その方から、
「病院の妊婦教室で周りは、お腹の張りで薬だの、出血だの、帝王切開だのばっかりなんですよ。」
と言われました。

僕の所へ来ている妊婦の方は、基本妊娠サポートからなので、ツワリもほとんどなく、双子ちゃんでも出産前まで仰向けで余裕で寝れます。

大事なのは、妊婦さんの苦しみを取る事ではない。
胎児の苦しみを取る事だ。

シンプルに言うと、妊婦の治療は、
・胎児にスペースを譲る事
・胎児に栄養を譲る事

をベースに、全ての内臓や骨格・筋肉・栄養を考えていくことです。

「親」というものは自分の子供のためを考えるものだ。
妊婦が苦しいということは、胎児が苦しいということだ。

吐き気・お腹の張り・腰痛・頭痛

子供のサインを受け止めなければ親ではない。

不妊治療で一番大事なのは「母親としての自覚」を持ってもらうことである。

出産してからが親ではない。

こうやって相手の方と歩めるかが、相手の未来の利益(つまり子供の健康)になるということをセラピストが意識しなければならない。

その骨盤矯正で果たして、胎児を楽にできるのか?

少しでも考えてみてください。

てゆうか、母親学級って何やってんだよ。

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。