治療院で出来るタイミング指導①(向き合い方編)

治療院で出来るタイミング指導①(向き合い方編)

 

治療院で出来るタイミング指導①(向き合い方編)中野です
 

昨日いらっしゃった新規の方のお話です。 30代後半で結婚されて、妊活をして半年過ぎた最近病院を受診して超音波での卵胞検査だけ行ったようでした。

 

生理周期に大きな乱れはなく、

タイミングを意識しはじめ、基礎体温もつけ始めたようです。 年齢的なことをとても気にされていました。

 

こういった場合、多くの場合次のように不妊治療が進むパターンが多いです。

・検査で問題ないと言われる。

・定期的に病院に行き、卵胞検査を受ける。

・タイミングを指導される。

・ほとんどのケースが排卵誘発剤を使う。

・生理周期が乱れる。

・周期をコントロールするために薬が増える。

 

僕の所へ来てる方で、

病院での治療を受けている方の、ほとんどがこの流れをたどっています。

 

そして、本当に最近多いのが、

人工授精・採卵をやろうと思って、病院にいったら「排卵まだですね」と言われ、 指定された時に言ったら「もう排卵してました」といったことです。

 

つまり、病院で指定された日にタイミングをとることは必ずしも的確でもないということです。 ただ、無排卵、周期が長い方については、卵胞の状態を定期的に見てもらうことも有効だと思います。

 

 

「時間」がとても大切になる不妊治療において、こういったことでタイミングを逃すのはとてももったいないです。

そしてほとんどの場合、不妊治療が長引くとそれだけ薬を使う期間が長引きます。

 

こういった方の一番の悩みは、 「原因が分からない。じゃあどうすればいいの?いつまで、どの治療をやって、その後はどうなるの?」

といったことです。

 

次回はこういった方への対応と考え方をお話します。

 

中野

 


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。