男の妊活は「自尊心」のケアを


こんにちは。日本妊活協会代表の中野です。

 

何回かに分けて、

男性の妊活について、お伝えしていきたいと思います。

 

なぜなら、

男性を巻き込むことは大切な一方、

ちょっと「精子が良い悪い」に偏りすぎてるかなって思うからです。

 

男性の問題?女性の問題?

世間では「男性不妊も問題だ」とか「男性に50%原因がある」騒がれています。

 

 

これについては、

男性が妊活に目を向けるきっかけという意味では賛成です。

 

でも「不妊」という言葉が嫌いな僕は「男性不妊」という言葉も大っ嫌いです。

 

何故嫌いかと言いますと、

これって「どっちに原因がある?」っていう問題の押し付け合いにならない?

って臨床でそう感じたからです。

 

実際検査をしたら問題はスッキリするのか?

男性側の「自分にも原因があるかも?」

女性側の「旦那が原因だったりするかも?」

 

では、

それで実際検査をしたとしましょう。

 

すると、

 

もし精液検査で問題があった場合

女性側:「やっぱり旦那に問題があった」

男性側:「俺が原因なんだ、なのに嫁さんに不妊治療させてしまった」

 

もし精液検査で問題が無かった場合

男性側:「やっぱり俺には関係なかった」

女性側:「やっぱり私の問題なんだ」

となってしまう可能性があるからです。

 

 

中には、

「旦那を落ち込ませたくない。精液検査を受けさせてショック受けるのは可哀そう。」

と思っている女性や、

 

「やっぱり俺が原因だった。もう自然妊娠は無理だって言われたから。男として情けない。」

と言って自信を喪失してしまう男性もいます。

しかもその気持ちを奥さんに伝えず、一人で落ち込んでいる方も少なくないです。

 

そもそもその検査結果が本当に妊娠しにくい原因とは限らないのに、

「どっちに原因があった」とい概念が夫婦間でできてしまいます。

 

 お互いの自尊心を大切にすることが大事です

男性の妊活に限らず、

表面上に出てくる悩みと、その裏にある悩みは違っている場合が多いです。

 

例えば、

女性側の

「旦那さんは協力的で、私のやりたいように不妊治療をやってよいと言ってくれます」

といった裏には、

「結局私が頑張んないといけないから孤独」

と感じている方も多く、

 

男性側の「排卵日を言われてセックスするのが違和感がある」

という裏には、

「実はセックスで失敗が怖くなっています」

と悩んでいる方が多いです。

 

 

特に精子の問題よりも、

性欲や勃起障害に悩む方は本当に多いです。

 

 

そしてここで大切なのは「自尊心」です。

 

 「勃たない」のはあなたの性器の問題じゃない。この言葉だけでも安心する。

実は「勃つ」ことにお悩みの方でも、

実は男性機能に問題が無い場合も多いです。

簡単な指標は「朝勃ち」にありますが、これについては今後また説明しますね。

 

そして、実は朝勃ちがある無いは、

他の病気のリスクを抱えている可能性もあるので、

そこも踏まえて健康になってもらう切っ掛けを作って欲しいです。

 

こうやって、

「勃たない」原因を伝える事や、不安を受け止めることは、

それを機に健康になり改善する意欲につながり、

それによって自信が持てるようになります。

 

 

セックスが気持ちよくできるという事は、

本当に男性にとって自尊心が保つことができますからね。

 

それに、勃起がうまくいかない、精子の検査結果が悪かった、

「病院で自然妊娠は無理と言われました」

これは本当に自尊心下がりますよ。

 

凄いキツイ表現をすると

「セックスしても妊娠させれないですよ。あなたは。」

って捉えて本当に傷ついている男性を沢山みてきました。

 

 

でも、勃たせるのも、精子が元気になるのも

そんな難しいことじゃないんですよ。

 

僕は、医療に怒ってるんじゃなくて、

ただただ「もったいないよ」って思うんですよね。

 

両親の自尊心が子供の症状と関係する

実はこういった「自尊心」は子育てに大きく影響してきます。

 

子供の症状は当然生まれ持った構造の個性も大きく影響しますし、

食生活も関係します。

 

しかし、それに加えて、

特にお母さんとの親子関係がとても影響しています。

 

それはお母さんの「自尊心」が保たれてない場合が多いです。

 

そのお母さんの自尊心は、

実は旦那さんの自尊心がとても影響しています。

 

夫婦間で尊敬し合い自尊心がお互い保たれる関係が、

とても大切な部分だと思います。

 

もちろんセックスだけではありませんが。

 

しかし、こういった事に向き合うのは難しいと思う方もいると思いますが、

全て自分でやろうとしなくてよいと思いますよ。

 

僕もご夫婦で、

別々に僕と仲間の治療院へ通っているという事もありました。

 

仲間と一緒に開催する妊活セミナーにご夫婦で参加してもらい、

切っ掛け作ることも一つの手段です。

 

 

一緒に悩んでいる方を支えていきましょう。

 

 

次回以降はは、

・「勃つ」事に悩んでいる方への具体的な対応について

・どうやって男性を巻き込むのかのコツについて

書いていこうと思います。

 

P・S

問い合わせをいただいております、

妊活サポートの整体スクールの次期の案内がそろそろ始まります。

ワンデイセミナーが、

大阪:3月22日(水)

東京:3月23日(木)

に行う予定ですので、日程調整の程よろしくお願いいたします!

明細は近日中にご連絡させていただきます。

 

中野


他にも沢山の情報を公開してます!



▼▼▼ この記事が役に立ったと思ったらぜひシェアしてください。

LINEで中野先生と友達になろう!


日本妊活協会代表理事のLINE@が出来ました!
この協会の情報やメッセージを配信します!質問や相談も受け付けています


↓こちらのQRコードをあなたがお使いのLINEの友達追加⇒QRコード読み取りで読み取ると、登録できます。


▶もしくは「@nakano-ninkatsu」で検索してください。
すぐに登録できます。
通常のLINEと同じ様にメッセージをお送り頂けます。
(メッセージは他の登録者には見えませんので、ご安心ください。)

▶セミナー・説明会の受講を希望される方は、
LINE@で、「受講案内を希望」とメッセージをお送りください。
その際、お悩みや不安などありましたら、一緒にお送りください。